山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号343 タイトル:高バレ 仕繰 空木積

最終更新日:
 
343
(解説文要約)
一つのヤマで長く採炭していると、天井が比較的よいヤマでも、
高バレといって、天井が崩落し空洞ができることがありました。
描かれているように補修しますが、坑木がたくさん必要な上、積み上げる技術も必要でした。
また、危険な作業だったので、女性の後山(あとやま)ではなく、男性二人組で作業をしていたそうです。
 
 
 
 
After mining coal was lasted long at a pit, roofs sometimes fell greatly and cavities were made even though the roofs of slopes in the pit were in relatively good condition.
They supported the roof of such a cavity with the shown cribbing like this.
However, such a supportunit required lots of timbers and technique to build.
It was also a dangerous work to build it and the work was reportedly not done by a pair of repairers including a female Atoyama, or helper, but by a pair of male repairers.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4502)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa