山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号578 タイトル:山内炭坑での重圧による作業

最終更新日:
 
578
(解説文要約)
明治29年に開坑し明治43年に閉山した山内炭坑のように、
炭坑は最後になると炭層が圧縮され、採炭は採掘時に残した炭柱のみで行います。
この場合、炭層は崩落しているのでツルハシは使わず、エブで石炭をすくい込んで運び出します。
4人以上で作業しますが、天井が低いので先山は頭を上げられず、大変な作業でした。
 
 
 
 
Sannai Coal Mine was opened in 1896 and closed in 1910. Just before shutting down the colliery, empty coal seams were condensed and only the coal pillars were left to be mined. The seam was already collapsed, so miners used hand shovels instead of pickaxes to shovel out coal. Working in groups of more than four miners, the seam was so low that they had to keep their heads down. It was really hard work!







 
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5305)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa