文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白

図録番号132 タイトル:昔のヤマ(役人-坑内頭領 小頭)

最終更新日:
 
昔のヤマ (役人-坑内頭領 小頭)
(解説文要約)
炭坑が近代化されると、管理者も分業化が進みました。
しかし、明治中期の炭坑の現場監督は何でもこなす
ツワモノでなくては務まりませんでした。
特に小ヤマの現場監督は、けんかの仲裁からレールの修理まで
目には見えない苦労が多く大忙しでした。
 
As collieries were modernized, managing jobs were divided and outsourced.
However, until around 1900, a pit manager had to be tough enough to do everything by himself.
Especially in small scaled coal mines, managers were extremely busy with a wide range of tasks, from mediating arguments to repairing railway tracks.


















 
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5301)
ページの先頭へ
田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002 田川市大字伊田2734番地1

TEL・FAX0947-44-5745

© 2023 Tagawa City.