山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号118 タイトル:鉄道開通と川舟船頭

最終更新日:
 
鉄道開通と川舟船頭
(解説文要約)
明治22年、九州に初めて鉄道が敷設されると、筑豊地方にも次々と鉄道が開通していきます。
石炭を船で運んでいた時代から、鉄道輸送へと変化していきました。
したがって、それまで川船運送をしていた船頭たちは次第に職を失うことになりました。
 
 
 
In 1889, the first railway was introduced in the Kyushu area, leading to the opening of railways in the Chikuho region. As the transportation of coal shifted to railways from boats, the work of boatmen in charge of carrying coal down the rivers became obsolete.















 
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5290)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa