山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号104 タイトル:人車

最終更新日:
 
104
(解説文要約)
斜坑も2,000m前後の人道では、人車で坑内と坑外を移動します。
人車とロープを連結するコース元には、逆走防止の安全装置がありました。
このコース元は非常に重要です。
昭和11年4月15日、忠隈炭坑で発生した80人余りが亡くなる大事故は、
人車のコース元の破損が原因でした。
 
When pit drives extended about 2000 meters, miners as well as coal were carried in and out of the pit by a wagon.
The joint connecting the wagon and the rope, which was called a "Kohsu",
played an extremely important role in keeping the miners safe.
A safety device was installed at the base of the Kohsu to stop wagons from running down the pit.
On April 15th, 1936, a serious accident caused by damage to the Kohsu occurred at Sumitomo Tadakuma Pit,
killing more than 80 people.













 
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5282)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa