文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白

図録番号076 タイトル:むかしヤマの女(6)(ケツビキ-傾斜のある坑道を後ずさりに下がる)

最終更新日:
 
76
(解説文要約)
後山が、昇りの切羽から石炭を運び降ろしています。
傾斜が10度前後の場合は、この絵のように綱を背中に回して引き下ろすように運びました。
昔の小ヤマでは、炭バコを滑りやすくするために「コロ」と呼ばれる横木を下に敷くこともありますが、
この「コロ」には経費が掛かるため、あまり使われなかったそうです。
 
 
This painting depicts an Atoyama, the coal carrier, pulling a coal box down a shaft.
When the slope angle was around 10 degrees, the box was dragged down by pulling a rope wrapped around the back.
Long ago, at small coal mines, sticks called "Koro" were lined on the driveway to provide a smooth run for the boxes.
However, since these Koro cost a lot to install, they were not used so much.
 
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5176)
ページの先頭へ
田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002 田川市大字伊田2734番地1

TEL・FAX0947-44-5745

© 2023 Tagawa City.