山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号072 タイトル:セナからバラに移す

最終更新日:
 
72
(解説文要約)
狸掘りは、最も原始的な採炭方法です。
この作品は、その坑口の様子を描いたものです。
女性が担いでいるのは、セナと呼ばれる天秤棒の前後にカゴを付けた石炭運搬具です。
そして、バラと呼ばれる竹のカゴに移し替えています。
 
 
This painting depicts a miner working at the entrance of a pit where mining was done in a primitive way.
It was called "gophering".
Using a tool called Sena, which had two baskets hanging at each end of a long shoulder pole,
she carried out the coal, then transferred it to a large woven bamboo basket called Bara. 
 
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5071)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa