山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号068 タイトル:むかしヤマの女(4)(スラを押す女の後山)

最終更新日:
 
68
(解説文要約)
傾斜が17・18度の昇り採炭現場から、後山が石炭を降ろしている様子です。頭で懸命に支えています。
大男でも腕力だけでは支えきれない重さでしたが、この点は女性の方が要領よく上手でした。
足を踏み外すと下で作業をしている人々も巻き込み、大惨事となってしまいます。
 
 
 
This painting shows a female carrier, called Atoyama, carrying down a coal box on a drive with a slope angle of 17 to 18 degrees.
She is sustaining the box with her head.
It was so heavy that even men couldn't support it with their arms, but women were better suited for this kind of job.
Failing to support the box lead to serious disasters, for it could run down the slope recklessly, injuring many other workers.
 
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5070)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa