山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号065 タイトル:吸上げポンプ

最終更新日:
 
65
(解説文要約)
深い卸坑道では、掘削中にガスが出る恐れがあります。そのため、火花を出す電気は使いませんでした。
排水は蒸気ポンプで、オーガは圧搾空気で駆動します。
圧搾空気はエアーを吐き出すので換気にもなり、一挙両得でした。
卸坑道の最深部では、排水ポンプも水没の恐れがあるので、一旦箱に水をためてからポンプで排水していました。
 
 
Especially in the main drives of deep coal mines, the fear of gas was ever-present.
That's why electricity, which might cause sparks, wasn't used. To drain water, they used steam pumps.
To generate drills, they used compressed air, which also helped produce airflow in the pit.
At the bottom of these deep main drives, there was also a fear of underground water flooding the drainage pump.
To avoid such damage, once underground water was sucked up into a pool, it was drained outside with the pump.
 
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5068)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa