山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号058 タイトル:段汲み排水

最終更新日:
 
58
(解説文要約)
排水ポンプがない時代、描かれているような水溜りを幾段も作り、人力で排水していました。
これを段汲みといいます。水溜りはボタや粘土などで作っていました。
桶で汲み上げる作業は過酷で、作兵衛翁は「人間エンジン」と表現しています。
 
 
 
In the days before draining pumps, human power was the only way to drain water out of the pit.
Workers built stairs of stone walls to bail out water that they would have to carry out themselves.
This structure, called "Dan-gumi", was made by piling up left over rocks and clay.
This drainage method was such hard work that Sakubei expressed it as, "the human pump".

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5063)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa