文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白

図録番号049 タイトル:昔のヤマ人7(2)(パイプカシメ)

最終更新日:
 
49
(解説文要約)
修繕方と呼ばれる坑内鍛冶屋が、蒸気を送り込むパイプの結合部を作っています。
パイプを接続するためにパイプの端にフランジと呼ばれる輪っかを取り付けます。
蒸気が漏れないように叩いてフランジとパイプをしっかり密着させ、ボルトで締めつけます。
 
 
 
This is a painting depicting the coal mine blacksmith, called "Shuzenkata", making a joint for steam pipes.
At the end of one pipe, he attaches a round ring called a flange to connect it to another pipe.
Next, he hammers the joint of the flange and the pipe to attach them firmly.
Finally, he secures the joint by fastening bolts to it.




このページに関する
お問い合わせは
(ID:5056)
ページの先頭へ
田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002 田川市大字伊田2734番地1

TEL・FAX0947-44-5745

© 2023 Tagawa City.