山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号043 タイトル:昔のヤマ人16(孟宗竹でナル木を囲んだ充填法)

最終更新日:
 
43
(解説文要約)
柱を内径1.5メートル程度に並べ、竹の環で囲い、その中にボタを詰めている様子です。
採掘後の空間を埋め、天井の崩落を防止するための作業です。
鉄柱がない時代に、大きな炭坑で行われていた方法です。
 
 
 
Here is an illustration of a worker constructing a thick pillar using discarded rocks that had been sorted during mining.
First, he lined up pit props of 1.5 meters in diameter, encircling them with bamboo.
Once the frame was constructed, he filled it in with rocks to prevent the open ceiling from collapsing.
Before iron pillars took their place, these structures were used to fill in the space made by removing coal seams at major Coal Mines.


このページに関する
お問い合わせは
(ID:5053)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa