山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号036 タイトル:昔のヤマ(マ・ワクー仕操作業)

最終更新日:
 
36
(解説文要約)
枠の間隔は1.5メートルぐらいですが、重圧でヒビが入ったりすると
枠と枠の間にマワクと呼ばれる枠を追加します。
また、枠の足を、穴を掘らずにそのまま立てたものを人形枠といいます。
あまり重圧に耐えられないインチキであり、不真面目な仕繰方がよくやったと作兵衛翁はいっています。
 
 
This painting depicts coal mine carpenters constructing wood frames to support a driveway ceiling.
Each frame stood 1.5 meters apart.
When the prop cracked from pressure, an extra frame, called "Ma-waku", was added in between to support it.
On the left side of the painting, a man is fixing a pillar to the frame without digging a hole on the ground.
Since they couldn't bear the pressure of the ceiling, such pillars were called "Ningyo-waku", or fake pillars.
Sakubei called the people who did this kind of work irresponsible.



このページに関する
お問い合わせは
(ID:5048)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa