山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号034 タイトル:むかしヤマの人びと13(架組枠=カグメわく)

最終更新日:
 
34
(解説文要約)
坑道が分岐する場所に作られる木枠をカグメ枠と呼んでいました。
太い親枠の上にハリを乗せ、片方のみ枠足を作ります。
カグメ枠を作るには熟練した技術が必要ですが、この枠を作れるほどの達人が、
どこの炭坑にも一人ぐらいはいたそうです。
 
 
Where mine drives branched off, wooden frames called "Kagume-waku" were installed.
One end of the beam was inserted over the thick main frame with the other end supported by a pillar.
Since construction of this Kagume-waku required skills and experience,
there was at least one expert worker who could perform this task in each Coal Mine.



このページに関する
お問い合わせは
(ID:5046)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa