山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号030 タイトル:昔のヤマ人10(切羽に坑木を運ぶ男)

最終更新日:
 
30
(解説文要約)
坑内に坑木を運び入れている男を描いた作品です。
天井が低いため、肩に担ぐのではなく脇に抱えての運搬です。坑木の使い方も描かれています。
クサビは坑木が天井をしっかり支える役割の他、
重圧がかかった場合にキシミ音で落盤の前兆を知らせる役割も果たしていました。
そのため、クサビが打たれていない柱を、ヤマの人びとは坊主柱と呼び嫌っていました。
また、右から二番目に描かれている柱はタヌキ柱と呼ばれ、
細い方を上部に使い、しかもクサビが使われていないものです。
ヤマの人びとはこのことをタヌキが坑木に化けたものだといい、これも嫌っていました。
 
This is a painting of a worker carrying a pit prop into the pit.
The ceiling is too low for him to carry it on his shoulders, so he is holding the prop in his arms.
The illustration above him shows how props were used in the pit.
Wedges were used not only to hold pillars still, but also as a warning sign of roof falls.
When a great amount of pressure was placed on the wedge, it made a squeaking sound which warned of collapse.
That's why pillars without wedges were detested. Miners called them "Bozu-Bashira".
The second pillar from the right side was also detested by miners. This type was called "Tanuki-Bashira".
The thinner end of the prop should be used for the base and the thicker end for the top,
but this one is the opposite, even without a wedge.
People called this type of pillar Tanuki-bashira because they believed these pillars were Tanukis,
the raccoon dogs of Japan who disguised themselves as pillars to trick miners.




このページに関する
お問い合わせは
(ID:5043)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa