文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白

図録番号029 タイトル:昔のヤマ人5(ニナワセ=荷負切羽支柱法)

最終更新日:
 
29
(解説文要約)
ニナワセとは、切羽の運搬路に作る支柱です。
天井にハリをあて、両端に柱を打ち込みます。
後山が石炭を運ぶ際に背中をこすらないように、ハリには細い木を使用していました。
通常はクサビを使わないので、両端の柱の寸法を正確に決めることがコツでした。
 
 
This illustration shows pillars called "Ninawase" which were made in coalface driveways.
First, a beam was attached to the ceiling and pillars were inserted on both ends to support the beam.
 Since wedges were not used for Ninawase, the size of the pillars had to be accurate.
Thin props were used as beams so that "Atoyama" helpers would not scratch their backs while loading out coal.




このページに関する
お問い合わせは
(ID:5042)
ページの先頭へ
田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002 田川市大字伊田2734番地1

TEL・FAX0947-44-5745

© 2023 Tagawa City.