山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号021 タイトル:スコップ部隊

最終更新日:
 
21
(解説文要約)
作兵衛翁が働いていた炭坑では、昭和に入ると絵のような運搬機を使っていました。
石炭層の発破後、粉々になった石炭を運搬機に積み込む担当は「スコップ部隊」と呼ばれていました。
分隊長の号令のもとに石炭を積み込む様子は、まるで戦場のようでした。
 
 
 
This is a painting of a coal carrier installed in Sakubei's workplace around 1930.
After blasting a coal seam with dynamite, workers called 'the Shovel Unit' scooped coal into the machine.
The sight of men shoving coal under the command of the captain seemed just like a battlefield.



このページに関する
お問い合わせは
(ID:5037)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa