山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号017 タイトル:カムリ目 シリサシ目

最終更新日:
 
17
(解説文要約)
描かれている石炭層の断面のように、上部が張り出している目をカブリ目といい、
剥ぎ落としやすく採炭には好都合でした。
層の表面は塗装したようにきれいだったようです。
カブリ目の逆で、足元がせり出している層をシリサシ目と呼んでいました。
 
 
The seam illustrated in this picture, where the top layer is slanted downward toward the miners, was called "Kaburi-me".
It was ideal to dig, for it was easy to scrape off.
The surface of the seam was as smooth as if it were covered with paint.
The opposite layered seam, in which the bottom layer is sloping towards the miners, was known as "Shirisashi -me".

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5033)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa