山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号013 タイトル:むかしヤマの女13(先ヤマが休んだときにツルハシをふるう女)

最終更新日:
 
13
(解説文要約)
通常、採炭は男性の先山と女性の後山の二人一組で行います。
しかし、先山が突然休んだ時に、このように一人でヤマに入る勇敢な女性もいたようです。
その仕事ぶりは素人の男性先山以上だったとか・・
 
 
 
Usually, coal mining work was done by a pair of workers,
consisting of a male hewer called "Sakiyama", and a female helper called "Atoyama".
But when for some reason Sakiyama couldn't make it to the mines, the women assumed both roles, braving the hard work alone.
Their work was sometimes much more reliable than that of inexperienced male Sakiyamas.

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5031)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa