山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号012 タイトル:明治時代の入坑姿 (男女)

最終更新日:
 

 

12
(解説文要約)
明治時代の入坑の様子です。
左側に描かれている先山は数本のツルハシとタバコ。右手にはカンテラを持っています。
右側に描かれている後山は左手に弁当。右手にはカンテラ。
肩にはスラを曳くカルイと呼ばれるロープと茶ガメと呼ばれる水筒をさげています。

 

 

This painting of miners going down into the pit dates from around 1900.
On the left is the hewer, called "Sakiyama". He is carrying some pick axes and tobacco.
In his right hand, he is holding an open-flame lamp, called "Kantera".
On the right side of the painting is the helper, called "Atoyama".

She is holding their lunch in her left hand and another Kantera in her right hand.

 She is also carrying a tea bottle and a rope, called "Karui", which was used to pull a sled to load coal, known as "Sura".

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5030)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa