山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号004 タイトル:むかしヤマの人びと4 (マイト孔くり)

最終更新日:
 
004
(解説文要約)
岩盤を掘り進めるためにダイナマイトを仕掛ける穴を掘っている様子を描いたものです。
固い岩盤をくりぬくには熟練の技術が必要でした。
描かれている坑夫は伊予の国(現在の愛媛県)の銅山から来ていた技術者たちです。
彼らは品行方正で互助組織をつくっていたようです。
 

 

 In this painting, a miner is digging a hole to insert dynamite which was used to blow up the hard rock that got in their way.

 This procedure of cutting from hard rocks required experience.

The miner in the painting was a technical expert from a copper mine in Iyo, modern-day Ehime prefecture in Shikoku.

These Iyo miners, who were known for their politeness, built a mutual support network to help each other in times of need.

このページに関する
お問い合わせは
(ID:4921)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa