山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号568 タイトル:ヤマの米騒動14(山内炭坑)

最終更新日:
 
568
(解説文要約)
大正7年9月3日の夜。米価高騰による全国的な暴動となった米騒動の最中です。
上三緒炭坑のボタ山でダイナマイトを仕掛けた大爆発がありました。
この労働者たちの反乱が波紋を呼び、近隣の山内炭坑では翌日、
労働者への賃金が倍近く上がる通達が発表されました。
山内炭坑の人びとは、上三緒炭坑の騒ぎのおかげと大喜びしたそうです。
 
 
 
On the night of September 3, 1918, when riots against the rising price of rice spread all over Japan,
a great dynamite explosion was caused by some people on the refuse heap of the No.4 pit of the Kamimio Coal Pit.
This riot by pit workers had a great effect on the treatment of miners at the neighboring San-nai Coal Pit.
The pit announced the next day that the amount of wages of their miners rose to almost twice as much as those before.
The miners at the pit were reportedly very pleased to have profited from the situation
which had changed suddenly due to the confusion at the Kamimio Coal Pit.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4590)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa