山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号552 タイトル:喧嘩の仲裁

最終更新日:
 
552
(解説文要約)
喧嘩が絶えないヤマの人びとも、仲裁人が入り仲直りをするということもありました。
仲裁が入って和睦となると、仲直りの儀式があります。
中央が仲裁人です。盃(さかずき)を両手に持って左右の手を交差させ乾杯。
二回目は腕の上下をさしかえて乾杯。
この作品には和睦の儀式の手順が記録されています。
 
 
 
Even miners who frequently had fights or exchanged blows with swords made up with each other
after fighting through arbitration procedure.
When a man of influence in the pit arbitrated between the parties concerned, there was a ritual to reconcile them.
The arbitrator, who is in the center of this painting,
held cups filled with Sake in his hands with his arms crossed and let both parties drink it.
He reversed the upper and lower positions of his arms to let both parties drink Sake again.
In this painting, the details of arbitration procedure are recorded.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4583)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa