山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号544 タイトル:阿呆陀羅経 琵琶歌座頭

最終更新日:
 
544
(解説文要約)
明治の中頃(1890年頃)、阿呆陀羅経(あほだらきょう)と呼ばれる施しを求める人が時々訪れて来ました。
右手に短い叩き木(たたきぎ)を持ち、左手の指には小型の木魚を3、4個はめて打ち鳴らし、
こっけいな文句をとなえて、施しを求めます。
その他にも、琵琶法師も訪れて来ました。
 
 
 
 
The reciter of a mock Buddhist sutra Ahodarakyo sometimes visited each pit around 1890.
He held a three-piece set of large, middle,
and small-sized wooden gongs between the fingers of his left hand and hit the large one with a small piece of wood in his right
hand, chanting ridiculous words to beg.
Additionally, the blind Biwa playing minstrel also visited each pit.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4577)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa