山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号520 タイトル:日露戦争のノゾキ絵(軍神 広瀬武夫中佐)

最終更新日:
 
520
(解説文要約)
娯楽の少ないヤマの暮らしにも、時々、ノゾキと呼ばれるが出し物が訪れて人々を楽しませていました。
これは、紙芝居のようなものですが、
絵は代金を支払った者だけが小さな穴から見ることができるというものです。
この作品は、そのノゾキのお話を思い出して作兵衛翁が描いたものです。
おそらく、作兵衛翁も代金を支払ってのぞいたのでしょう。
内容は、日露戦争での広瀬中佐の戦いぶりを語り継いだものです。
 
 
Show-box performers sometimes visited each pit to entertain the people living in the pit where there were few amusements.
Their performance was like a picture-story show, in which only each of the people who paid for it could see pictures through a lens. 
This painting is based on a Sakubei’s memory when he saw such a performance.
Probably, he peeped at pictures like this after paying for a show.
This painting shows the reported state of battle in which Commander Hirose engaged during the Russo-Japanese War.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4573)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa