山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号512 タイトル:大島納屋の座敷 三味線と踊り

最終更新日:
 
512
(解説文要約)
少年だった作兵衛翁にとって忘れられない思い出が描かれています。
上三緒炭坑の大納屋、つまり独身炭鉱労働者の宿泊施設で、
そこのオカミさんが三味線をならし、その娘さんが踊っていることがあったそうです。
娘さんの名前はおユキさん18歳。
喧嘩が絶えない殺伐とした炭坑暮らしの中で、誰もがその音色に耳を傾けたそうです。
作兵衛少年も格子窓からそっと、のぞいていたそうです。
 
 
This painting shows a memory in Sakubei’s boyhood, which was unforgettable for him.
It is said that the lady of a boardinghouse called Onaya for unmarried male miners of the Kamimio Coal Pit played the three-stringed instrument called Shamisen and that her daughter danced to it every night.
The daughter’s name was Oyuki at age 18.
It is also said that everyone would listen to the sound of the instrument because itwas a great comfort for them in the pit where incessant quarrels and fights made the atmosphere savage.
Reportedly, Sakubei as a boy also peeped at the dancing daughter through the lattice window of the house.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4572)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa