山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号497 タイトル:狐(火事)

最終更新日:
 
497
(解説文要約)
明治三十二年の夏、山野炭坑の炭坑住宅で火事が相次いだそうです。
それは吊ってあるランプがなぜか落下して燃え広がったのが原因だったと言われていました。
理由がよくわからなかったことから、キツネのたたりだということになり、
山野炭坑では稲荷大明神を祀りヤマの守護神としておまいりし始めたそうです。
 
 
 
 
In the summer of 1899, fires broke out every night in the miners’ row houses in the Yamano Coal Pit.
It was said that a lamp which was firmly hung fell down by itself and broke, scattering oil, which caught on fire.
Miners could not find the reason why and considered that the fires were caused by a curse laid on the pit by a fox.
Therefore, the fox was enshrined as Inari Daimyojin, or Great Goddess Inari and became the guardian deity of the pit.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4566)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa