山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号496 タイトル:ヤマと狐(猟師)

最終更新日:
 
496
(解説文要約)
九州にも数は少ないようですが、今でもキツネはいるようです。
しかし、明治時代には多くのキツネがいたようです。作兵衛翁は「ウヨウヨいた」と記しています。
猟の対象となっていて、猟犬に追われると臭いオナラをして逃げたそうです。
安全なところまで逃げると、一歩一歩振り返りながら逃げるのがキツネの癖だと記されています。
 
 
 
 
It seems that there are foxes also in Kyushu even now though they are small in number.
However, there were reportedly lots of foxes until around 1910. Sakubei wrote that fields around his pits “abounded in foxes.”
It is said that the fox passes strong gas when it is hunted down and cornered by hounds.
He says that every fox has a habit of looking back every time it advances one step while it is running away after it escapes from a dangerous area.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4565)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa