山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号482 タイトル:募集による出稼ぎ坑夫

最終更新日:
 
482
(解説文要約)
明治32年ごろ、石炭の鉄道輸送開始に伴って川舟船頭の職を変えた父に連れられ、
作兵衛翁は一家で上三緒(かみみお)炭坑に移住します。この作品は、当時の記憶を作品にしたものです。
その頃、上三緒炭坑には広島から出稼ぎにきた炭鉱労働者が多くいたそうです。
彼らは自分のわらじも自分で作り、食事も質素にすませて貯金し、故郷に大金を持ち帰っていたそうです。
しかし、炭坑暮らしにどっぷりつかり、そのまま居ついた人もいたようです。
 
 
 
Around 1899, Sakubei and his family moved to the Kamimio Pit following his father who changed his job as a barge driver because of the start of coal transportation by train.
This painting is based on Sakubei’s memory at that time.
There were reportedly lots of migrant miners from Hiroshima in the Kamimio Pit in those days.
It is said that some of them returned home with much money after saving money by making their straw sandals by themselves or having a meal of simplicity.
However, others were immersed in life in the pit and stayed there long. 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4559)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa