山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号479 タイトル:ヤマの新聞と郵便

最終更新日:
 
479
(解説文要約)
明治37年前後の新聞と郵便について記録された作品です。
当時、新聞を購読していたのは炭坑の幹部社員か大納屋の納屋頭領ぐらいで、
ほとんどの炭坑労働者は取っていませんでした。
夕刊はなく、大阪朝日新聞と毎日新聞が一日遅れで届いていたそうです。
地方紙としては、福岡日日新聞と九州日報があったそうです。
郵便はひとまとめにして、人事係室に配達されていましたが、
昭和に入るとようやく各家庭に配達されるようになったそうです。
 
 
This work depicts the circumstances in which newspapers and the mail found themselves around 1904.
Only officials of the pit or bosses of extremely large boardinghouses called Onaya for unmarried male workers subscribed to newspapers at that time, and few pit workers did it.
There was no evening edition at that time. National papers such as the Osaka Asahi and Mainichi were delivered on the next day of the date of issue.
There were also local papers, such as the Fukuoka Nichinichi and Kyushu Nippo.
The mail had been delivered to the station for the personnel boss in a lump until it was finally delivered to each addressed person in the pit around 1926.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4557)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa