山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号475 タイトル:ヤマの救済法 其の二(紋引義金)

最終更新日:
 
475
(解説文要約)
昭和二年、健康保険法が施行され、傷病者救済の仕組みがようやく整い始めます。
しかし、それまでは、労働者同士の助け合いが行われていました。
ここに描かれているのは、「モンビキ」と呼ばれていた福引です。
坑夫の中の顔役が各家庭を回り、この福引に参加を求めます。
参加費は10銭から15銭程度。
参加費の一部は事故や病気で困っている家庭に義捐金として渡されていました。
 
 
In 1927, the national health insurance system was introduced and the formation of a system to aid the sick and wounded started at last. However, workers had helped each other until then.
In this painting, a lottery called“Mon-biki”is depicted.
Men of influence among miners visited each family and asked them to participate in this lottery.
The participants had to pay 0.1 to 0.15 yen.
A part of the participation fees was contributed to families who had difficulty in making a living from accidents or diseases which befell to their support.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4556)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa