山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号467 タイトル:ベースボール

最終更新日:
 
467
(解説文要約)
明治時代、子どもが遊んでいる様子が描かれています。
この遊びの名前はベースボール。しかし、現在の野球とは多少ルールが異なっていたようです。
ゴム製のボールや手製の玉を使って投げられた玉を素手で打ち、10メートルほど先の塁まで走ります。
塁にたどり着く前に玉を投げつけられるとアウトです。
塁は一塁のみでした。
 
 
 
Playing girls in the Meiji era from 1868 to 1912 are depicted in this painting.
This game was called Besuboru, or baseball. However, the rules of this game were a little different from today’s baseball.
They used a rubber or handmade ball. The hitter hit the ball thrown by the pitcher with a bare hand and ran to the base about 10 meters apart.
The runner was given out if the ball thrown by a player of the opponent team caught her before reaching the base.
Only one base was used.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4554)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa