山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号462 タイトル:降参言わせごっこ

最終更新日:
 
462
(解説文要約)
明治三十一年頃の「降参言わせごっこ」という遊びを描いた作品です。
男子として降参する事は死にまさる恥としていた当時の日本。
少年たちはどんなに苦しめられても降参しなかったそうです。
学校での休み時間は十五分。授業始めの木板がコンコンとなるまで押えこんでいたそうです。
明治三十三年頃より木板は鐘にかわったと作兵衛翁は記録しています。
 
 
 
The children around 1898 in this painting are “playing to make another admit defeat.”
Japanese men at that time considered admitting defeat to be a shame more intolerable than death.
Japanese boys at that time also would not surrender no matter how hard they were tortured in this play.
The boy pinned against the ground never gave up until the wooden gong was struck to announce the beginning of the class after a 15 minutes’ break at school.
Sakubei says that the wooden gong was replaced with a bell with a tongue around 1900.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4549)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa