山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号461 タイトル:戦ごっこ

最終更新日:
 
461
(解説文要約)
明治27年(1894年)は日清戦争。明治37年(1904年)は日露戦争。
戦勝ムードに酔いしれる風潮の中で、当時、子どもたちの中でも戦争ごっこは流行っていたようです。
左から三人目の子は子守りをしながらの戦争ごっこ。今では見られない光景ですね。
 
 
 
 
 
The 1st Sino-Japanese War and the Russo-Japanese War broke out in 1894 and 1904 respectively.
In the days to be intoxicated with Japanese victories in the two wars, it seems that children frequently played war at that time. 
The third boy from the left is baby-sitting, playing war. We cannot see such a scene nowadays, can we?
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4548)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa