山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号449 タイトル:ヤマの燃料2(拾い炭)

最終更新日:
 
449
(解説文要約)
たくさんの石炭を採掘する炭坑でも、そこで働く人々は家庭の燃料には不自由していました。
この作品には、坑内に入らない主婦や子どもが「ボタ」と呼ばれる掘り出された石炭以外の石の中から、
わずかな石炭を拾い集めている様子が描かれています。
ボタ捨て場は高いところもあり危険な場所でしたが、取締役も見逃していたようです。
石炭をそのまま家庭で使用すると、強い匂いや煙が出ます。
そこで、拾い集めた石炭を一度燃やし、匂いや煙を吐き出したものを使っていました。
これをガラと呼びます。
 
Even in the pits with large output of coal, the people working there could not easily get fuels for domestic use. In this painting, householders and children who do not enter a pit are gathering coal a little mixed with rock refuse called Bota outputted together with coal.
Though some refuse dumps were located at heights and dangerous places, regulators seems to have let gathering coal there go by.
Coal emits much smoke and a nasty smell when domestically burnt as it is.
Therefore, miners used gathered coal after burning it until the smoke and smell were exhausted.
This burnt coal was called Gara.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4541)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa