山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号448 タイトル:夫婦喧嘩

最終更新日:
 
448
(解説文要約)
今も変わらぬ夫婦喧嘩を描いた作品です。明治時代は男尊女卑が激しい時代でした。
しかし、炭坑では夫婦一組になって共働きをするため、
一般家庭よりも少々女性にも発言力があったようで、夫婦の衝突も時々あったそうです。
 
 
 
 
 
An example of marital disputes, which are immutably seen also today, is depicted.
The domination of men over women was severe in the Japanese society in the Meiji era from 1868 to 1912.
However, miners’ wives seem to have had a little more say in their family than those in a standard family and marital disputes with their husband reportedly sometimes occurred.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4540)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa