山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号434 タイトル:ヤマの燃料3(割木)

最終更新日:
 
434
(解説文要約)
古くなった坑木は、家庭の燃料として使っていました。
ほとんどの坑木は松の木で、火力がなく煙を多く出します。
しかも、杉のようには割れにくく、薪割り(まきわり)にも上手い下手の差が出ていたようです。
 
 
 
 
 
Old mine timbers were used as a fuel for domestic use.
Most mine timbers were pine wood and they emitted weak heat and much smoke when burnt.
Moreover, they were not as easy to chop as cedar wood and it seemingly depended on the skill of the person who chopped them if they were nicely chopped.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4537)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa