山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号431 タイトル:繰込み

最終更新日:
 
431
(解説文要約)
炭鉱労働者の住居を見回る二人の世話人が描かれています。
明治30年ごろ、時計を持っている者は誰もいません。
早朝3時に汽笛が鳴り響き、入坑を知らせます。
この二人は、寝過ごした者や、さぼっている者はいないかを見回っています。
体調が悪くても、そう簡単には許してもらえません。
 
 
 
In this painting, two people of the regulator and personnel supervisor are patrolling around the residences of pit workers.
No miners had watches or clocks around the end of 1890’s.
Whistle blows at three in the early morning would tell the time to enter the pit to miners.
These two people are patrolling to find miners who are oversleeping or neglecting their duties.
The two of them would not allow miners to take off even if they were ill.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4536)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa