山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号430 タイトル:坑内役人

最終更新日:
 
430
(解説文要約)
明治の中期以降の炭坑には、小頭と呼ばれる坑内取りまとめ係がいました。
大規模炭坑の小頭は、採炭や出炭を専門に管理するのが役割で、
その他に保安係・通気係・発破係などがいました。
しかし、小規模炭坑の小頭は、採炭・出炭の管理の他に
保安・通気・発破なども管理しなくてはならず、大変な仕事量だったようです。
この作品には、発破作業に向かっている小頭が描かれています。
左手に持っているのはダイナマイトの導火線点火用の線香です。
左上に描かれているのは「シメ」と呼ばれる硬く薄い層。
とてもやっかいなものでツルハシでは手に負えないものでした。このような時にも、小頭の爆破作業に頼るしかなかったようです。
 
Each pit had an underground boss called Kogashira from around 1890 downward.
The underground boss at a large-scale pit had a role to specially manage mining and outputting of coal, and other roles, such as disaster prevention, ventilation, blasting, etc. were filled by different specialists.
However, the underground boss at a small-scale pit did many jobs because he also had to manage disaster prevention, ventilation, blasting, etc. as well as mining and outputting of coal.
In this painting, an underground boss going to a coalface for blasting is depicted. It is a mosquito coil of incense to ignite fuses for dynamite that he is holding in his left hand.  
The figure in the circle at the top left shows thin hard whitish rock layers called Shime.
They were too hard to cut with a pickax.
When a miner came across such layers, it seems that there was no other way for him than to ask the underground boss to blast them.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4535)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa