山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号425 タイトル:坑内大工

最終更新日:
 
425
(解説文要約)
坑内大工の主な仕事は、炭車を走らせるレールの管理です。
坑道は日々伸びていきます。カーブではレールをジンクロウと呼ばれる道具で曲げなくてはいけません。
中小炭坑のレールの幅は53センチでしたが、
日本製鉄二瀬炭鉱中央抗など日鉄系の炭坑のレール幅は60センチだったと作兵衛翁は記しています。
 
 
 
 
The underground carpenter’s main job was to maintain railway tracks on which mine cars were used. Underground tunnels were extended every day. Rails had to be bended at curves with a rail bender called Jinkuro.
Sakubei wrote that small and middle-scale pits had 53-cm-gauge railway tracks and that the pits run by the Japan Iron & Steel Co., Ltd, such as the Central Pit of the Futase Coal Mine had 60-cm-gauge ones.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4533)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa