山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号424 タイトル:募集坑夫と方言

最終更新日:
 
424
(解説文要約)
明治の中頃、筑豊では新しい炭坑が次々に開坑し人手不足でした。
そのため、炭坑主は遠く広島県でも炭鉱労働者の募集をしていたようです。
この作品は、広島から来た新米の炭鉱労働者と頭領との会話を描いたものです。
方言の違いから、意味がよく伝わない様子がユーモラスに描かれています。
 
 
 
 
Around 1890, new pits were opened one after another and every pit was short of hands.
Therefore, mine owners seems to have been recruiting miners also in Hiroshima Prefecture.
In this painting, a conversation between an inexperienced miner from Hiroshima and his boss is depicted.
Sakubei depicted the humorous conversation between the two people who were misunderstanding each other from the differences in two dialects spoken by them.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4532)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa