山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号423 タイトル:上目眩とシロフリ

最終更新日:
 
423
(解説文要約)
坑内で石炭層をすべて掘ってしまうと落盤事故が起こります。
そこで、ところどころに安全の為、「保安炭柱」と言われる石炭の柱を残しておきます。
しかし、この炭柱をこっそり削り取る坑夫がいました。その方が楽だからです。
それを防ぐために、現場監督は夜間に、白い石灰液を壁に塗っていました。これをシロフリと言います。
石灰液がついた石炭を掘った者は、のちに厳しく処分されます。
 
 
 
 
If a coal bed underground was thoroughly mined, there would be roof falls everywhere.
Therefore, coal pillars called “safety coal pillars” were left here and there for safety.
However, some miners secretly cut and sneaked these coal pillars, because it was easier to get a living.
To prevent such miners from doing so, field overseers would paint white lime water on the walls of coal at night, which was called Shirofuri.
The miners who cut the coal pillars painted in lime water were strictly punished.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4531)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa