山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号419 タイトル:スキップとボタ山

最終更新日:
 
419
(解説文要約)
左下に1973年と記されています。昭和48年、作兵衛翁81歳の頃の作品です。
昭和48年頃は、筑豊にあるほとんどの炭坑が閉山していった時代です。
全盛期を懐かしんで描かれたものでしょう。
スキップとはボタ山にボタを運ぶ運搬車です。
 
 
 
 
Sakubei wrote the production year of this painting at the bottom left as 1973, when he was 81 years of age.
At that time, most coal pits in Chikuho were closing.
This painting supposedly drawn feeling nostalgic about the prime of his coal pits.
The skip is the car to carry rock refuse, which is being wound up to the top of the refuse heap on the left in this painting.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4529)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa