山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号418 タイトル:ボタ山(ピラミッド形は昭和になって)

最終更新日:
 
418
(解説文要約)
ボタを運ぶ箱のことをスキップと呼びます。
スキップがあがっていく度にボタ山は高くなっていきます。
ボタ山がピラミッド形になったのは、昭和になってからです。
谷の多いヤマでは、ボタで谷を埋めて平地を作っていました。
 
 
 
 
The car to carry Bota, or rock refuse was called a skip.
Every time the skip ascended a refuse heap, the heap increased in height.
The refuse heapsdid not take the shape of a pyramid until the Showa era from 1926.
It was because rock refuse was used to cover in valleys and make them flat land in pits with lots of valleys before then.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4528)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa