山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号417 タイトル:太平洋戦時中の出炭・増産

最終更新日:
 
417
(解説文要約)
第二次世界大戦中の筑豊地方のヤマは、大小を問わず、出炭増産に励みました。
増産には炭車の高率的な配車が不可欠です。
配車がうまくいかないと採炭現場に定期的に空の炭車が届かず、採炭作業が止まってしまいます。
これをハコナグレといいます。
炭車の順調な配車は、配車作業員の能力に大きく左右されたそうです。
 
 
 
During World War II, the pits in the Chikuho region did their best in increasing coal output irrespective of the size of the pit.
It was necessary to efficiently allocate mine cars to miners to increase the output of coal.
If the allocation of mine cars did not function well, empty mine cars would not be punctually sent to workings and mining work would stop.
Such an unfavorable situation was called Hakonagure.
It is said that the punctual allocation of mine cars greatly depended upon the chief transport man’s ability.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4527)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa