山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号406 タイトル:かわひらたの船頭さん3

最終更新日:
 
406
(解説文要約)
遠賀川の水流は緩やかでしたが、石炭を積んでいなくても川船を上らせるのは、
船頭さんにとって大変な作業でした。
浅瀬では真冬でも水中に飛び込んで曳きました。
いばらの中に足を踏み入れるような冷たい水でしたが、数十分後には温かくなったそうです。
 
 
 
 
Though the Onga River usually flew slowly, it was hard work for a river barge driver to let his barge ascend against the flow of the river even if the barge was not loaded with coal.
He jumped into the river and pulled his barge even in winter when the barge passed through shallows.
It is said that he felt the water to be biting cold like treading a thorny path at first, but that he felt the same water rather warm after several tens of minutes.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4518)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa