山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号403 タイトル:セナ 狸掘

最終更新日:
 
403
(解説文要約)
これは、狸掘りと呼ばれる、小さな炭坑で行われていた、
セナという運搬のかごを使用した最も原始的な石炭の搬出方法です。
坑内の採炭場所から坑口までは遠く、力持ちの女性でも、50キロぐらいの石炭を運ぶのがやっとでした。
坑口には数個のバラと呼ばれるかごがおいてあり、1日に2トン余りの石炭を採っていました。
セナの前かごは、斜めに傾けなければ前に進めず、服を着ていても、腰にこぶができました。
 
 
 
This painting shows one of the most primitive ways of coal haulage using a set of yoke and baskets called Sena in a small-scale pit using the Tanukibori, or badger-hole method of mining.
Even a strong woman was barely able to carry about 50 kg of coal with it because the distance between the coalfaces and the pit mouth was great.
A few large bamboo baskets called Barawere put on the ground near the pit mouth. Each carrier conveyed about 2 tons of coal a day.
Carriers could not move forward if they did not tilt the front basket hanging from the yoke.
Even if they used the yoke and baskets with their clothes on, they got calluses on their waist.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4515)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa