山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号402 タイトル:狸掘式小ヤマ

最終更新日:
 
402
(解説文要約)
明治時代の狸掘式の小さな炭坑の様子です。
女の後山は50キロくらいの石炭を運んでいました。
また、60キロくらいの石炭を運ぶ男勝りの後山もいました。
セナと呼ばれる運搬具を使って石炭を運ぶには、腰にコブができて一人前と言われました。
セナの前かごは30度ほど傾けなければ坂を上ることはできませんでした。
 
 
 
This painting shows a small coal pit mining coal by the badger-hole method of mining in the Meiji era from 1868 to 1912.
An average female helper called Atoyama carried about 50 kg of coal.
Some manly female helpers carried 60 kg of coal.
They were called full-fledged carriers after they got calluses on their waists from using a set of a yoke and two baskets called Senafor carrying coal.
It was impossible for a helper to ascend a slope without tilting the front basket about 30 degrees.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4514)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa