山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号388 タイトル:エンドレスとテールロープ

最終更新日:
 
388
(解説文要約)
大規模炭坑の水平坑道には、エンドレスと呼ばれる運搬システムがありました。
ロープが円を描くように設置され、そのロープに炭車が接続され移動します。
複線の場合は、空箱と石炭が積まれた箱がつるべのように行き来します。
大正中頃まで動力は蒸気でしたが、その後電力に代わっていきました。
 
 
 
 
The endless haulage system was used in levels of large-scale coal pits and miners called it “Endoresu.”
A circular wire rope was used in this system and mine cars were connected to and moved by it.
When a double track railway was used in this system, empty and loaded mine cars seesawed.
For this system, a steam engine was used until around 1920, and an electric motor was used after that.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4512)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa