山本作兵衛コレクション総合トップへ山本作兵衛コレクション総合トップへ
田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」田川市 ユネスコ世界の記憶(世界記憶遺産)「山本作兵衛コレクション」
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

図録番号370 タイトル:テボカライ

最終更新日:
 
370
(解説文要約)
傾斜がきつい採炭現場からの運搬は重労働でした。
そういう現場では男性の後山(あとやま)が多かったようです。
約30.5キロ程を背負い、坑道を昇らなければなりません。
後山の負担が大きいので、先山(さきやま)も後山の背負うカライテボに石炭を入れる手伝いをした
と作兵衛翁は記述しています。
 
 
 
Carrying coal from workings under steep slopes was very hard work.
It seems that the carrying workat such workings was mainly done by male helpers called Atoyama.
They had to ascend mine slopesshoulderinga basket filled with about 30.5 kilograms of coal.
Sakubei wrote that helpers’ burden was so heavy that eachcoal hewercalled Sakiyama also helped their helperto put coal into his shouldering basket called Karaitebo.
このページに関する
お問い合わせは
(ID:4509)

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1  TEL・FAX:0947-44-5745

Copyright (C) City of Tagawa

田川市石炭・歴史博物館

〒825-0002  田川市大字伊田2734番地1
TEL・FAX:0947-44-5745
Copyright (C) City of Tagawa